高見文寧(ミーアイ)の高校は?年齢・出身などプロフィールや経歴を徹底調査!

画像

『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』(通称:日プ女子)の国民投票により、

『ME:I(ミーアイ)』のメンバーとしてのデビューが決まった高見文寧さん。

最終的な投票で第3位に輝きました。

名前の読みは少し難しいのですが、「たかみ あやね」と読む高見文寧さんです!

彼女は、その優れた歌唱力、ダンスの技術、そして表現力で注目を集めています!

そして岩手県出身の高見文寧さんの出身高校が何故か地元ではなく京都の高校ではないかという話が盛り上がっています。

そこで彼女高見文寧さんの歌唱力をはじめ、学歴やキャリア、そして年齢や身長といったプロフィールに対する関心も高まっている中で

高見文寧さんの出身高校が岩手の学校ではなく本当に京都の高校なのか、その理由、また高見文寧さんのプロフィールや経歴についても詳しく調査しました!

高見文寧さん岩手出身?なぜ京都にある高校を卒業?

高見文寧さんは岩手県出身ですが、高校に関しては岩手県内の学校ではなく、京都府京都市東山区にある私立大谷高等学校(偏差値:51~67)に通っていたことが明らかになっています。

下↓のXの写真の前列で右から二番目にいるのが、高見文寧さんでしょうか?

この時点での彼女のビジュアルは非常に魅力的です…ネ!

ここで少し大谷高校について触れておきますね。

大谷高等学校は、明治8年(1875年)の創設以来、約149年の長い歴史を持つ伝統校です。

この学校は、中高一貫教育を提供する男女共学の私立校として位置付けられています。

2023年現在、生徒数は約1,710人で、大まかに計算すると1学年あたり約570人が在籍しています。

もし1クラスあたり30人と仮定すると、1学年には約19クラスが存在することになり、これはかなりの大規模校と言えます。

さらに、大谷高等学校は進学を重視した教育方針を有しており、中高6年間で以下のコースが設けられています。

  • バタビアコース・マスタークラス(国公立大学進学を目指す)
  • バタビアコース・グローバルクラス(国際的に活躍する人材を目指す)
  • バタビアコース・コアクラス(国公立大学及び難関私立大学進学を目指す)
  • インテグラルコース(大学現役合格を目指す)

高見文寧さんは、「バタビアコース・コアクラス」に所属していたと推測されます。これは軽音楽部の横断幕に彼女の名前が記されていたことからも明らかです。

高見文寧さんはバタビアコース・コアクラスで国公立大学及び難関私立大学進学を目指すクラスでしたから

『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』オーディション参加以前は、大学受験を視野に入れていた可能性が高いですね。

この学校からは、中岡創一さん(ロッチ)、島田紳助さんなど、多くの著名人が輩出されています。

大谷中学高等学校の住所は京都府京都市東山区今熊野池田町12番地で、最寄りは「東福寺」駅から徒歩約5分の場所に位置しています。

高見文寧は大谷高校の軽音楽部で活動

高見文寧さんは大谷高校の軽音楽部に所属、全国大会で最優秀賞を獲得した経歴を持っています。

2023年6月の投稿によると、高見文寧さんが属する軽音楽部のバンド「vintage」が賞を受賞したことが明らかにされています。これにより、彼女の高い音楽的才能がうかがえます。

大谷高校のウェブサイトでは、様々な受賞者が紹介されており、軽音楽部に関する情報も盛んに掲載されています。軽音楽部は活動的な様子が伝わってきます。

『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』の合宿期間中も、学校に登校をしていたという情報があります。番組出演をきっかけに学校内での彼女の人気は急上昇し、かなりの注目を浴びる存在になりました。

『ME:I』のメンバーとして忙しい日々を送ったことで、高校への出席日数は限られていたかもしれませんが、彼女は無事に卒業したとのことです!

高校時代の制服姿の一枚は、なかなか見られない貴重なものです!

高見文寧さんの出身中学は?

京都市東山区にある私立の大谷中学校に、高見文寧さんがかつて在籍していたとされています。

この学校は中高一貫教育のため、大谷高校へは内部進学だったようですね。

この情報は、SNS上の投稿を通じて明らかになりました。(今はすでに削減されていますが)

中学時代のエピソードとして

生徒会に入り、がんばっていた
科学部でマスターコースだった
勉強熱心でよく居残り自主勉強してた

その友達は日プ全然興味なかったんだけど、高校時代の友達から「うちらと同じ高校の後輩(高見文寧)が日プ出てるらしいで」って回ってきたらしく、高見文寧ちゃんって子と同じ中高だよ〜!って日プを見てる私に知らせてくれた!(そしてlemino登録してくれた)

— ふるむーん³⁹🌸🌙💛🍵 (@torihsaku) November 10, 2023

高見文寧さんの経歴について

高見文寧が「日プ女子」の初放送で初めて歌った時、その声がBLACKPINKのロゼと似ていると多くの人が話していました。

彼女がステージでのパフォーマンスを終えた後、トレーナーが彼女に「以前に何か学んだ経験はありますか?」と尋ねると、「少しですが、教わったことがあります」と返答しました。

高見文寧さんに関する公式な芸能経歴は確認できませんが、高校時代に参加していたバンドが、グループ全体および彼女のボーカルとして、複数の賞を受賞していたことが明らかになっています。

彼女が参加していた当時のバンドの演奏映像がインターネット上にあり、その歌唱シーンは非常に自信に満ち、魅力的でした。

さらに、彼女はジャズダンスを10年間学んでいたとのことです。

「日プ女子」での「TOXIC」パフォーマンスにて披露された豊かな表現力と流れるような動きは、ジャズダンスの訓練によるものかもしれませんね。

高見文寧さんの出身地や年齢を含む詳細プロフィール

高見文寧さんに関するプロフィール情報

高見文寧さんの具体的な経歴はどのようなものでしょう?

また、彼女が個人のSNSを持っているかどうかについても調査してみました。

高見文寧さんのプロフィール情報

ここで、高見文寧の詳細な情報をご紹介します。

名前:高見 文寧

読み方:たかみ あやね

愛称:たかみん

生まれた日:2005年5月15日

現在の年齢:18歳(2024年の誕生日を迎える前)

出身:岩手県

身長:158cm

性格診断:INTP(論理学者型)

趣味:作詞と作曲

得意なこと:茶道

好きな色:黄色

大切にしているもの:ぬいぐるみ

一番好きな曲:「me too」メーガン・トレイナー

ペットの好み:犬と猫どちらも好まない

生活スタイル:室内派

性格:心配性か楽観的か→心配性

自己紹介のTMI(些細な情報):小さい頃、黄色い物が好きで、ほぼ全身黄色の服を着ていたことから「黄色の子」と呼ばれていた

「日プ女子」での最終順位:第3位

作詞作曲を趣味としているため、音楽への深い愛情が感じられます。

茶道を特技としており、その上品な振る舞いが彼女の落ち着いた雰囲気とマッチしています。

「黄色の子」という愛称で呼ばれていたというエピソードは、彼女が小さい頃に黄色を好んでよく身につけていたことを示しています。

空港で見かけた際に黄色いスーツケースを何個も持っていたことからも、彼女の黄色への特別な愛がうかがえます。

岩手県が出身地である高見文寧ですが、具体的にいつまで岩手に居住していたかは明らかになっていません。しかし、彼女の話し方から、少なくとも小学生時代は岩手で過ごしていた可能性があります。

京都に幼い頃移住していたなら関西弁を話すかもしれませんが、彼女が関西弁を使用していないことから、そのような移住歴はないようです。

高見文寧さんが活用しているSNS、例えばインスタグラムは?

検索してみた結果、高見文寧の個人SNSアカウントは発見できませんでした。

以前に高見文寧と直接交流があったという人からの情報によると、彼女はかつてインスタグラムにダンスの動画をアップしていたようです。

彼女がインスタグラムアカウントを持っていた可能性はありますが、「日プ女子」への参加を機にアカウントを削除したかもしれません。

現在はミーアイの一員として活動しているため、個人的なSNSの使用が制限されていると考えられます。

高見文寧さんの性格や特徴について

高見文寧の性格や人間性に関して、「日プ女子」での彼女の振る舞いからは、控えめで謙虚な印象を受けました。

彼女は自ら積極的に前に出ることは少なく、むしろ画面の隅に位置することが多いようで、話すときの声も比較的静かです。

しかし、その外見とは裏腹に、彼女には意外性があり、バラエティ番組などで非常に活躍する可能性が高いと考えられます。

舞台の上で、高見文寧さんは普段見せない自信満々のパフォーマンスを展開します。

彼女のMBTIタイプについても考察してみましょう。彼女はINTP(論理学者型)に分類されており、これは全人口の約3%しかいないとされる、非常に珍しいタイプです。

このタイプは分析的で創造的な思考を持ち、興味を引かれた分野に深く没頭する性質があると言われています。

さらに、高見文寧さんについて直接会話した経験のある人からは、彼女が他人を思いやり、社会常識に則った行動を取る人だという評価が寄せられています。

「日プ女子」での高見文寧の礼儀正しい言葉使いが注目を集め、ランキング発表時の彼女のコメントやお辞儀の仕方からも、その礼節と知性が伝わってきました。

1分間の自己PRで「知的なアイドルを目指して頑張りますので、応援してください」と述べ、頭を下げて2秒ほど静止する姿を見せた際も、高見文寧の人柄や性格の良さがうかがえます。

さらに、第三回の順位発表式で、親友の村上璃杏が第3位に名を連ねた時、高見文寧が真心から喜ぶ様子が話題を呼びました。自分の運命もかかっている状況でこのような純粋な反応を見せたことは、彼女の友情を大切にする姿勢を示しています。

高見文寧さんの歌唱力やダンスへの評価は?

「日プ女子」を視聴していない方々からも、高見文寧さんの歌声やダンススキルに魅了されたという意見が寄せられています。

彼女の短いパートを聴いただけで、その独特な歌声と卓越した歌唱力を認識できるほどです。

高見文寧さんはミーアイのメンバーの中でも特に歌が上手いと評判です。

「日プ女子」放送開始以来、オンライン上では高見文寧さんのダンスや歌に関するどのような反響があるのでしょうか?

  • 歌唱力が非常に高い
  • 応援したくなる
  • 才能にあふれ、デビューを望む声多数
  • 歌だけでなくダンスや表情のコントロールも見事
  • さらに魅力を増す可能性大
  • ビジュアルの進化も期待される
  • 歌やダンスのパフォーマンスをもっと見たい
  • ラップも得意そう
  • そのギャップと才能に魅了される

このような評価が寄せられています。

「日プ女子」の最初の放送で公開された歌声は、非常に大きな印象を残しましたね!

ラップのパフォーマンスも上手いのではないかと期待する声が上がっています。

クラス分けの再評価時には「歌とダンスを同時にこなすのに苦労しているかもしれない」とトレーナーから指摘されましたが、彼女の歌唱力には多くの賛同が集まっていました。

グループバトル

「日プ女子」の第3話で行われたグループバトルにおいて、高見文寧さんは乃木坂46の楽曲「制服のマネキン」でメインボーカルを担当し、現場で151票を獲得しました。

このエピソードでの投票では、彼女が受け取った票はチーム全体の票の約半分に相当し、群を抜く得票数を記録しました。

彼女の歌とダンスのスキルに加え、ビジュアルがさらに磨かれたら大変な可能性を秘めているとの評価が寄せられています。

ポジションバトル

ポジションバトルで宇多田ヒカルの「First Love」を歌った高見文寧さんは、メインボーカルとして現場からは絶賛の声が聞かれました。

オンラインでの反応も調査しました。

  • SNSで流れてくる彼女の歌の一節に感動
  • 「日プ女子」第7話放送前に動画が100万回再生を突破したことから、多くの人が彼女の歌声に魅了されていることがわかる
  • 偶然聞いた彼女の声に惹かれ、「日プ女子」を見始めた人がいる
  • これまででこんなに声に引き込まれたのは初めて
  • メインボーカルながら、ハーモニーでは役割を果たし、他のメンバーの声を引き立てることができる
  • 彼女の歌声は他に類を見ない
  • メインなのに歌割りが少ない中で、彼女の声だけが印象に残る
  • 彼女の声を聴くほどにファンが増えていく
  • 彼女の歌声に出会えて幸せ

「日プ女子」第7話の前に公開された推しカメラ動画では、高見文寧さんが120万回再生でダントツの1位に。

放送前に100万回再生を記録していたことからも、彼女の歌声が非常に人気があることが伺えます。

高見文寧さんに次ぐ再生数が笠原桃菜の97万回であることから、彼女の歌声が際立って人気を集めていることが明白です。

「First Loveをもっと長く歌ってほしかった」という感想が、高見文寧さんの歌への思いをよく表しています。

彼女の歌声に癒やされると感じる人が多いことも、多数のコメントから伺えます。

また、これまでに披露した様々な曲で歌声の使い方を変えている点に注目した意見もあります。

「日プ女子」でまだガールクラッシュ系の楽曲を披露していないため、高見文寧さんのかっこいい側面の歌声を聞ける機会があればいいですね!

チーム内での現場評価では3位につけましたが、彼女は印象的なパフォーマンスを見せつけたため、次の順位発表式でも上位を維持できるかもしれません。

外見からは穏やかな性格と見受けられる高見文寧さんですが、ポジションバトルの後には「自分の役割を十分に果たせなかった」「自分自身に対する怒り」など、感情的になる瞬間も見られました。

そのポジションバトルでの悔しさを、次のコンセプトバトルで見事に昇華させてみせてほしいですね!

コンセプトバトル

高見文寧がコンセプトバトルで「TOXIC」をパフォーマンスしました。

ネット上での反応は

  • 予想を超えるパフォーマンスでファンを増やし続けている
  • 初登場からステージ上での努力が光る存在
  • 実力でファンを魅了し続ける高見文寧
  • 彼女のパート終了後の歓声は彼女の能力と人気を物語っている
  • 歌の才能は明らかだが、ダンスと表現力にも秘めた実力がある
  • 得意なコンセプトでさらにファンを増やしている
  • 首の動きやジェスチャー、表情が非常に魅力的でセクシー

と、その圧倒的なパフォーマンスが高く評価されていました。

高見文寧はチーム内で1位を獲得しただけでなく、ベネフィット加算前では海老原鼓と並んで同率1位でした。

限られたステージ時間の中でも、常に新しい魅力を提供しようとする彼女の努力に、多くの視聴者が魅了されています。

最終評価(デビュー評価)

ファイナル(デビュー審査)では、高見文寧さんが「CHOPPY CHOPPY」でサブボーカル6の役割を果たしました。

もともとの希望は「想像以上」の楽曲でしたが、パート分けの流れで「CHOPPY CHOPPY」への参加となりました。

希望の曲を歌えなかったことに対する悔しさを感じていた高見文寧さんですが、与えられたポジションでもその才能を発揮していたことは明らかです。

高見文寧さんの『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』での順位の変遷について

高見文寧さんは、最初の順位発表から一貫してデビュー可能な範囲内での位置を維持し、時間が経つにつれてその順位を向上させていきました。

彼女の順位の変遷は、9位から始まり10位、再び9位、それから8位、6位、5位へと上昇し、最終的には3位でデビューが確定しました。

第3回の投票からは2Pick制が導入され、その変更後も6位から5位へと順位を上げることができました。

高見文寧さんは、2Pickや1Pickの段階でも強さを見せ、終始上昇傾向にありました。

総括

これまで、ミーアイの一員である高見文寧さんの出身高校、彼女の経歴や年齢、身長といった基本情報を調査しご紹介しました。

高見文寧さんは出身地は岩手県ですが、京都市東山区にある大谷中学・高等学校の卒業生であることが確認できました。

彼女は2024年3月に高校を卒業し、その節目を無事に迎えたことが伝えられています。

「日プ女子」での高見文寧さんのボーカルパフォーマンスが当初から注目を集め、ミーアイとしての活動を通じてさらに多くのファンを獲得しているようです。

今後もミーアイのボーカルラインを支え、活躍することが期待されている高見文寧さんです^^)

タイトルとURLをコピーしました